12.足首の硬さはインソール作成前に改善しておくべき!

インソールを作成するときにとても大切なことがあります。それは,足首の硬さや足部の硬さを改善し,柔軟性を十二分に引き出しておくということです。特に赤丸で囲った部分が「キレイ」に動くかどうかを判断することがとても大切です。「キレイ」に動いているかどうかは,骨が定められた道を通るかどうかで判断します。


足模型3.gif


インソールを入れることで膝の痛みや足の痛みが取れると思う方が多くいらっしゃると思いますが,実はインソールだけで痛みが取れる人と取れない人がおり,その原因として足関節の柔軟性があるかないかが挙げられます。


足模型1.gif 足模型2.gif
                 foot flat                  mid stance


上図は歩いている時に足の裏が接地した瞬間(foot flat)と一本脚で立った瞬間(mid stance)を示しています。上図Mid stanceでは,動くはずの骨(距骨)が動かず,足の真ん中あたりの骨が大きく落ち込んでいるのが分かります。


このような距骨が動かない状態を残したまま,落ち込んでいる骨(アーチ)をインソールで支えても足のトラブルの解決には至りません。時には,膝や腰に新たな痛みを生じさせることにもなり得ます。つまり,インソールを入れる前に,距骨の動きを最善の状態にしておくことが必須となるわけです。

 

からだ康房でインソールを作成する際には、必ずアーチの落ち込み具合や、足首の硬さなどをチェックし、必要であれば動きの硬い関節を柔らかくし,その上でインソールの作成をおこなっていきます。これは他店では真似のできない,当店の大きな強みです。もちろん,歩きやスポーツ動作見て、インソールの形状も決めていきます。


いろいろなところでインソールを作ってみたけれど,どうもしっくりこないという方,是非当店にご相談下さい。

 

インソール実例集.jpg

 

足のお話のトップに戻る。 

 

**********************************************************************
リハビリコンディショニング整体とインソールのお店
からだ康房(からだこうぼう)
東京都町田市成瀬が丘2-31-13
TEL:042-799-2526
お問い合わせフォーム
からだ作りであなたの人生に笑顔と感動を

内反捻挫・外反捻挫・中足骨痛・外反母趾・モートン病・扁平足・内反小趾・踵骨棘・足底腱膜炎・足底筋膜炎・アキレス腱炎・半月板損傷・靭帯損傷などでお困りの方、是非ご相談下さい。理学療法士がインソールで足の動きをコントロールし、コンディショニングで機能を改善していきます。


【最寄り駅】JR横浜線成瀬駅

成瀬駅から 徒歩3分
町田駅から成瀬駅まで約5分
相模原駅から成瀬駅まで約17分
新横浜駅から成瀬駅まで約20分