第36回東京都理学療法学会でシンポジストとして発表してきます。

2017年6月18日(日)に東京都練馬区の練馬区民文化センターで第36回東京都理学療法学会が開催されます。その中の企画の特別講演2シンポジウム「新しい総合事業への理学療法士からの提案」で,当店の倉地がシンポジストとして発表をします。


私の演題のタイトルは「私たちの取組は町づくりにつながる〜Road to Aging in place〜」です。


一つ一つの取組の積み重ねが,地域との信頼関係を作り,それが町づくりにつながっていきます。理学療法士の勤め先が病院であっても,介護施設であっても,保険外領域であっても,「その地域の住民がいくつになっても豊かな人生を送ることができるようにしたい」と思う気持ちを皆が共有することが大切だと考えます。この想いの共有なくして,いくつになっても暮らしやすい町づくりに理学療法士が貢献したいと思ってもなかなかうまくいかないと思います。


36pttokyo01.jpg

 

このお店を始めるのと同時に地域活動も開始し,そろそろ10年を迎えようとしています。理学療法士として予防の分野でどう地域に貢献できるかそれだけを考えてきました。


住民の方々,高齢者支援センターの方々,市役所の方々など多くの方たちに多くのことを教えてもらい,そして育ててもらいました。その内容を出来るだけ参加された方たちに伝えることが出来ればと思っています。


今回の学会はとても面白い内容になっていますし,東京都民の参加も無料でできますのでご都合つきましたら是非ご参加ください。