八王子市介護予防教室の報告

 先日、八王子市南大沢保健センターで八王子市介護予防教室が開催され、講師をさせて頂きました。

 

 「足腰が弱くなって転ばないようにするために自分で出来ること」というテーマでお話をさせて頂きました。

 

八王子市介護予防教室8.JPG

 

 腰や股関節、膝関節に変形が生じるとどうして痛みがでるようになるのか、関節の痛みなどは要支援や要介護の原因になりやすいなどの話をスライドを使ってすすめていきました。

 

八王子市介護予防教室7.JPG

 

 そして、バランス能力がどの程度あるのかを片脚立ちの秒数でチェックしました。

 

 60秒余裕でできる方や、数秒で「あっ〜」という声とともに足が床についた方も様々でしたね。60秒超えて立てた方は素晴らしいですね!

 

 年齢によって目標とする片脚立ち時間というものがあり、70歳〜74歳であれば30秒というものがあります。頑張りましょう!

 

八王子市介護予防講座1.JPG

 

 どうして運動する必要があるのかを学んで頂いたあとは、トレーニングの実際。鍛えなければいけない筋肉を目で見て、触って、自分の筋肉がどの程度あるのかを感じて頂きました。 

 

八王子市介護予防教室4.JPG 

 

 「私の力の入り具合はどうですか?」

 

 「やっぱり右が弱いのね」

 

 などなど、皆さん自分の力の入り方には興味があったようでしたね。力を入れているつもりでも入っていないという方、よく練習をしていきましょう!

 

 資料の中でもお話をしましたが、90歳を超えてもトレーニングをすれば筋力がアップして動き方も変わってきます!いつまでも自分の足で歩けるように、日頃から関節を守る運動をしていきましょう。 

 

 今回このような機会を作って頂きました南大沢保健センター藤巻様をはじめ関係者の皆様ほんとうにありがとうございました。また、当日お集まりいただきました皆様ほんとうにありがとうございました。

 

 これからも身体作りから社会に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

 

 今回ご参加頂いた方からのご意見を頂きましたので紹介させて頂きます。 

 

・ 努力することで筋肉を鍛えることができる(習慣化する) どこを鍛えるのか確認しながら行う。

・ どの運動も正しい姿勢で行うこと。

・ 「片足バランスの目標」

・ 丁寧に説明されていてわかりやすかった。

・ 片足立ちの効果を期待したいと思います。

・ 写真・図などと合わせた説明が良かった。

・ 小さな運動の連続で筋肉が再生されることに期待します。

・ 日ごろ運動をしていないので、足の運動をしなくてはと思った。

・ 話がわかりやすく、脊柱管狭窄症の話は特に良かったです。

・ 全て印象に残り、参考になりました。

・ 年をとっても筋肉を鍛えることができると知って、少し希望が持てました。

・ 運動が必要

・ 運動をする時間、力の入れ方・回数がわかりました。

・ 今から予防のために運動したい。

・ 毎日続けることが大事であると改めて思いました。

・ トレーニングにより体力は維持することができると聞き、少しトレーニングを続けたいと思う。

・ ロコモティヴ症候群にならないようにします。

・ とてもわかりやすくこれからトレーニングをしてみようと思いました。

・ ロコトレの運動等全て良かったです。

・ 膝を伸ばす話で今まで全て違った似たことをしていました。大変参考になりました。

・ スクワットの仕方が間違っていましたので、有難く聞かせていただきました。

・ もっと時間があったらいいなと思いました。

・ ありがとうございました。

・ このような講座を随時開催してください。

・ また出席してみたい。

・ とてもこれからの生活に役に立ちますのでありがとうございます。楽しく勉強できました。

・ 大変よくわかりました。ありがとうございました。

・ 聞きやすいお話でした。

 

 

**********************************************************************
理学療法士によるリハビリコンディショニングとインソールのお店
からだ康房(からだこうぼう)
東京都町田市成瀬が丘2-31-13
TEL:042-799-2526
お問い合わせフォーム
からだ作りであなたの人生に笑顔と感動を

【最寄り駅】JR横浜線成瀬駅

成瀬駅から 徒歩3分
町田駅から成瀬駅まで約5分
相模原駅から成瀬駅まで約17分
新横浜駅から成瀬駅まで約20分